中学生の選挙ポスターの書き方とは?




中学校などで選挙ポスターを書くこともあるのではないでしょうか。

ここでは、中学生の選挙ポスターの書き方についてご紹介します。




選挙ポスターはシンプルなデザインにする

選挙ポスターを書くときは、可能な限りわかりやすいデザインにするのがおすすめです。

廊下などに選挙ポスターは貼るでしょうが、選挙ポスターを見たときにすぐにデザインの内容がわからないと、生徒のイメージに残りません。

そして、イメージに残る選挙ポスターは、シンプルな文字をあまり書いていないものです。

選挙ポスターの内容がすぐにわかるようにしましょう。

実際には、じっくりと選挙ポスター見るような生徒は多くないので、書いてあることが一目見てわかると非常にメリットがあります。

選挙の演説のときにどのような活動をするかなどについては訴えればいいため、選挙ポスターはシンプルなデザインがおすすめです。

大きめに学年、クラス、名前は書く

選挙ポスターをシンプルなデザインにした後は、自分がどのような人かを知らせることが大切です。

そのため、大きめに学年、クラス、名前を書きましょう。

選挙のときは、インパクトをいかに与えられるかが大切になります。

インパクトを与える方法はいろいろありますが、自分の名前かを選挙ポスターでまずアピールすることが大切です。

選挙ポスターにいかに自分の似顔絵を書いても、誰かわからなければ意味はそれほどありません。

自分の名前を十分にアピールするには、大きめに学年、クラス、名前を書きましょう。

可能な限り自分の写真を使う

選挙ポスターでは、自分の似顔絵を使っているものが多くあります。

しかし、一般的に選挙ポスターでは自分の写真を使うようになっています。

選挙ポスターに自分の似顔絵を使うのは、中学生ならではのものともいえるでしょう。

しかし、選挙ポスターに写真を使うときは、実際にはお金がそれなりに必要になります。

特に、中学生のときはお金が多くないため、お金を選挙ポスターに使えないときが多いでしょう。

しかし、高校生のようにアルバイトなどができるようになれば、お金に余裕ができやすいので、選挙ポスターに自分の写真を使うことも容易になります。

しかし、中学生の選挙ポスターでも、自分の写真を使っているときもあります。

これは、中学校によっても違っていますが、選挙ポスターを人脈を使って作っているような中学生も中にはおり、厚い人望があることを示す武器の大きなものになっているようです。

そのため、できる限り選挙ポスターには自分の写真を使うようにしましょう。

選挙ポスターに自分の写真を使うと、有利に選挙を運ぶようになるでしょう。

自分の写真が使えないときは、似顔絵が得意な人に頼む

選挙ポスターには自分の写真を使うのがいいですが、選挙ポスターには自分の似顔絵しか使えないような中学校もあるでしょう。

このようなときは、選挙ポスターの自分の似顔絵を書く必要がありますが、素人では似顔絵を書くのはなかなか難しいときが多くあるでしょう。

このようなときは、似顔絵が得意な人に頼むのがおすすめです。

特に、選挙ポスターを書くときに応援を美術部に頼むようにすると、レベルが相当高い選挙ポスターになるでしょう。

選挙のときは、他の人に頼むスキルも必要になるため、似顔絵を書くのが得意な人に頼むようにしてみましょう。

シンプルなキャッチコピーにする

先にご紹介したように、選挙ポスターはシンプルなデザインにするのがおすすめですが、選挙ポスターに書くキャッチコピーもシンプルなものにするのがおすすめです。

選挙ポスターには、キャッチコピーを必ずといってもいいくらい書いており、どのようなことをその人がしたいかがすぐにわかるようになっています。

キャッチコピーを書いていないような人もたまにいますが、キャッチコピーがあると、選挙に通ってどのようなことがしたいかがわかるので、書いておく方が選挙に通る確率がアップするでしょう。

そして、選挙ポスターであるため、キャッチコピーがあまり長いと読まれにくいということがあるので、可能な限りシンプルに書く方がいいでしょう。

キャッチコピーは、文字数をせいぜい10文字以内くらいにしましょう。

これ以上の文字数になると、読まれなく可能性が大きくなるときがあります。

また、キャッチコピーは、一目見ると意味がわかるようにすることも大切です。

先に紹介したように、じっくりと選挙ポスターを見るような人は多くないので、意味が一目見てわかるかが大切です。

キャッチコピーは難しい言葉を使わないで、すぐに意味がわかるようなものを考えてみましょう。

選挙標語の作り方




おすすめの記事