下水道ポスターの書き方とは?




中学校の宿題で下水道ポスターを書くこともあるのではないでしょうか。

ここでは、下水道ポスターの書き方とは?下水道ポスターを上手に書く方法とは?についてご紹介します。




下水道ポスターの書き方とは?

ここでは、下水道ポスターの書き方についてご紹介します。

募集要項をチェックする

下水道ポスターを書くときは、まず募集要項をチェックしましょう。

募集要項に沿っていなければ、全く意味がありません。

必要なことが募集要項に全て書いてあるため、これに応じて準備します。

テーマを把握する

下水道という言葉を耳にしたことはあるが、下水道は汚水を処理するところ程度しかわからないかもしれません。

普段、ほとんどの人は下水道について意識したことはないでしょう。

下水道ポスターを書くときは、下水道がテーマであるためこれを把握していなければどのようなことを書くといいか全くわからないでしょう。

下水道ポスター全体の仕上がりにも、テーマを把握することは影響してきます。

下水道は、考えている以上にいろいろなことに関係しています。

例えば、下水道の役目について、公益社団法人下水道協会のホームページではいろいろ説明しているため参考にしましょう。

公益社団法人 日本下水道協会では、ホームページで下水道の仕組み、役目、効果などを説明して、スムーズに下水道事業が行われるように、情報を提供するように努めています。

下水道ポスターの役目を考える

次に、下水道ポスターの役目について考えましょう。

テーマを把握して下水道ポスターの役目を考えると、構図や内容を考えやすくなります。

メッセージを多くの人に発信することが、下水道ポスターの役目です。

そのためには、読みやすい文字である、メッセージ性がデザインにある、イメージに残る、ことが大切です。

下水道ポスターを書くときは、構成やテーマを意識することが大切です。

モチーフを考える

次に、下水道ポスターのモチーフ、つまり脇役と主役を考えます。

モチーフとしては、下水道に関係するものを考えます。

このときは、先にご紹介した公益社団法人日本下水道協会のホームページの下水道の役目を見た感想と下水道ポスターの役目を意識しましょう。

また、過去の下水道ポスターを参考にするのもおすすめです。

しかし、過去の下水道ポスターをそのまま模倣すれば盗作になるため、基本的に参考するくらいにしてください。

過去の下水道ポスターは共通点がそれぞれあります。

これを探しながら、自分の下水道ポスターに取り込みましょう。

標語を考える

標語は決められているときもありますが、決まっていないときは考える必要があります。

考えつく限り下水道に関係する言葉を挙げていきます。

下水道に関係する言葉としては、次のようなものなどがあります。

「下水道」「下水」「郷土」「未来」「水」「守る」「川」「命」「豊か」「澄んだ」

標語を作るときは、このような下水道に関係する言葉を七五調になるように組み立てましょう。

下水道ポスターの標語としては、次のようなものなどがあります。

「澄んだ水 下水が守る 川の命」

「下水道 守る郷土の 豊かな未来」

とりあえず下水道ポスターとして提出するのみであればこれでも問題ないでしょうが、入選をターゲットにするのであれば、工夫がさらに必要になります。

例えば、都道府県、市区町村と主催しているところの規模に応じて、地名を入れ込むのもおすすめです。

下水道標語の作り方

下水道ポスターを上手に書く方法とは?

下水道ポスターを書くときは、時間が結構かかります。

初めて下水道ポスターを書くときは、時間がさらにかかるでしょう。

では、下水道ポスターを書くときはどうすればいいのでしょうか?

ここでは、下水道ポスターを上手に書く方法についてご紹介します。

過去の下水道ポスターを見る

先にご紹介しましたが、やはり過去の下水道ポスターを見ることが上手に書くためには必要です。

過去の下水道ポスターを見て、全体的な構図や題材などのイメージを掴みましょう。

ある程度下水道ポスターのイメージがあるため、上手に書けるでしょう。

また、自分のみで下水道ポスターを考えていれば、時間がその分かかります。

自分で考えるのも必要ですが、家族にも一緒に考えてもらいましょう。

人数が多くなると、アイデアがその分いろいろ出てくるでしょう。

細かな作業を省略する

書く時間を短くするためには、細かな作業を省略することが大切です。

しかし、本番をいきなり書いても失敗すればやり直しになることがあるため、時間が余計にかかります。

なお、下水道などのポスターを書くときには、ネットなどで動画が紹介されているため参考にしてください。




おすすめの記事